特徴

一目でわかるJ1939

以下について簡潔にJ1939の解説をする。 これらは、典型的なCANの機能だけでなく、典型的でない若干の新しい特性の全てが含まれる:

  • 29ビットの拡張CAN識別子を使用
  • 250Kbpsと500Kbpsの標準化されたCANボーレート
  • ポイント・ツー・ポイント・アドレス指定(ノードのアドレス指定)とグローバルアドレス指定(メッセージ・アドレス指定)
  • 最大1785バイトのマルチパケットメッセージ送信
  • 自身のネットワーク管理を経由したバスアクセス制御
  • 車両全体の通信のための標準化されたメッセージ
  • メーカー固有のメッセージの定義が可能
  • 自身の診断インターフェースを定義

最終更新日時: 2019年 05月 7日(火曜日) 15:57