Suspect Parameter Number (SPN)

データ管理

J1939では、その中身だけではなく、PGNも定義されている。メッセージの内容は、一般的にはでシグナルと呼ばれている。J1939仕様は、PGNの内容について以下の用語を定義している: Suspect Parameter Number (SPN) SPNは、すべての意図や目的を持ったシグナルIDである。 それは、物理値、ステータス、コマンドからなる。SPNは、内部プロトコル情報のために定義されている。すべてのSPNは、現在J1939-DAにおいて表形式で一覧表示されている。SPNは、SAEによって定義された番号である。PGNのSPNの開始位置は、PGNの記述で指定されている。(Global Parameter Groupの章を参照) SPNが複数のPGNに存在している場合もある。

すべてのSPNが同じように定義が記載されており、以下の属性を持っている:

一般的な概要とSPNの機能

SPN Suspect Parameter Number and Name
概要 一般的な概要とSPNの機能
データ長 ビットまたはバイト単位のデータ長
分解能 分解能、または生値から物理値への変換
データ範囲 物理値、有効な値の範囲
タイプ シグナルタイプ 例:測定値、ステータス、アプリケーションに依存したシグナル
Supporting Information <optional>
PGN Reference SPNが発生するPGNの引用

J1939規格は、この発表されたSPNの記述をSLOT定義 (Scaling, Limit, Offset and Transfer Function)と呼ぶ。

最終更新日時: 2019年 05月 9日(木曜日) 13:31