特殊なParameter Group

以下はプロセス情報のやり取りには使用されないが、プロトコル自体を制御するために使用されている代表的なParameter Groupのリスト(抜粋)である。

Parameter GroupPGN (hex)Document概要
Address Claimed 0x00EE00 J1939-81 ECUの識別とアドレス競合の検出に使用
Commanded Address 0x00FED8 J1939-81 アドレスをECUに割り当てるためのコマンド
Name Management 0x009300 J1939-81 ECUのデバイス名(NAME)を割り当て変更するためのコマンド
Acknowledgement 0x00E800 J1939-21 様々なコマンドの確認に使用。ポジティブ、ネガティブで回答可能。それに応じてAcknowledgementが参照される。
Transport Protocol Command 0x00EC00 J1939-21 トランスポートプロトコルのメタデータ(バイト数、パケット数など)を指定
Transport Protocol Data 0x00EB00 J1939-21 トランスポートプロトコルのペイロードデータを送信
Request 0x00EA00 J1939-21 CANのリモートフレームと同様に、このPGNを使用して他のPGNを要求可能。
但し、J1939ではリモートフレームはサポートしていない(Request PGNはCANデータフレームである)
Proprietary A 0x00EF00 J1939-21 メーカー固有の定義可能なspecific PGN
Proprietary A1 0x01EF00 J1939-21 メーカー固有の定義可能なspecific PGN
Proprietary B 0x00FF00 - 0x00FFFF J1939-21 メーカー固有の定義可能なglobal PGN(256種類)
最終更新日時: 2019年 05月 9日(木曜日) 10:47