コンソーシアムと他の仕様

仕様

SAE J1939に由来する幾つかの標準がある。これらの標準は、J1939の基本的な説明を使用し、多くの場合はそれらのデータを定義し、必要な場合に物理層の適応だけが異なる。

  • ISO 11783 – トラクターや機械農業と林業のためのシリアル制御および通信

    農業に使用する車両での通信を定義する。具体的には、トラクターと実装されているアドオン機器間の通信である。ISO11783規格は、アドオン機器仮想ターミナル経由の制御などアプリケーション層でのサービスを規定します。 アドオン機器自体が仮想ターミナルを表示することが可能で、その制御に必要なすべてのグラフィック要素に沿ってもたらす。 他のアプリケーションコンポーネントは以下の通りである:トラクターECU、タスクコントローラ、ファイルサーバとシーケンスの統制。 ISO11783は、SAE J1939用に定義されたマルチパケットプロトコルの拡張がある。ワーキングセットの機構も適用される。

  • NMEA 2000® – 海洋電子デバイスのシリアルデータネットワーク

    海洋環境における車両間のECU通信を定義する。 マルチパケットプロトコルの拡張 - いわゆる高速パケットプロトコルも使用される。

  • ISO 11992 – 牽引と被牽引車両間のデジタル情報交換

    牽引車と被牽引車両と道路運送車両のメッセージ交換を定義する。 ISO 11992は、J1939のメッセージフォーマットに基づいているが、物理層は125kbpsのみの異なる構成を用いている。

  • FMS – Fleet Management System

    FMS規格は、J1939ネットワークとFMSのインターフェースを定義する。

最終更新日時: 2019年 05月 7日(火曜日) 16:04