デバイスのName

識別

能動的に(例:送信)J1939の通信を行う各々のECUには、ユニークなNameを設定する必要がある。 これは64ビットのストリームで構成される。 規格内のデバイス名は、名前のように定義されている。 これには、識別、デバイスのインスタンス化、デバイスのソースや機能を記述する情報が含まれる。 デバイス名により、ECUは世界中でユニークに識別することができ、一意のECUとして表現が可能である。 さらに、デバイス名は同的アドレス割り当て(チャプター「ネットワークアクセス」を参照)においてECUに優先順位を設定するために使用される).

J1939Nameは、「64-bit ECU Name Fields」の図が示すように構成される。


最終更新日時: 2019年 05月 24日(金曜日) 15:28