プロトコルの概要

レイヤー

J1939は、上位レイヤーの通信プロトコルである。 我々が解説するレイヤーについて明確にする必要がある。 ISOは、7つの抽象化レイヤー上で、同一の通信だけでなく、異なる技術システムの通信を記述するモデルを開発した。 物理層は最下位層、アプリケーション層が最上位層となる。 CANプロトコルは下2つの層をカバーしており、CANコントローラーとトランシーバーにハードウェアとして完全に実装されている

Software Protocol

J1939は、CANを使用しているが、「一番上」のソフトウェアとして実装される一つの規則がある。 CANバスノードがトランシーバー、CANコントローラーとホストコンピューターで構成されている場合、J1939バスノードは、ホストコンピューターで実装されるソフトウェアとして実装しておく。


最終更新日時: 2019年 05月 9日(木曜日) 09:23