診断トラブルコード (DTC)

DTC

DTC (診断トラブルコード)は、システム内の障害のあるプロパティを表す。これは主に現在の状態以上であるSPNを表す。これは、異なる原因を有することが可能だ。ステータスの理由を与えるインジケータは、エラーの実際の原因を絞り込むために使用される。 DTCは均一な構造を有しており、以下の要素で構成されている:

  1. Suspect Parameter Number (SPN)

    エラーが発生したSPNを表す。定義されたすべてのSPNは、DTCで使用できる。

  2. Failure Mode Identifier (FMI)

    発生したエラーの性質とタイプを表す。例:値のレンジ違反(高い/低い)、センサー短絡、不正な更新レート、キャリブレーションエラー等。

  3. Occurrence Counter (OC)

    A counter that counts the occurrence of the error condition for each SPN and stores this even when the error is no longer active.

  4. SPN Conversion Method (CM)

    DTCでバイトアライメントを定義する。値[0]は、「DTCの構造」をグラフィカルに表示する方法を表す。もしCMが値[1]を有している場合、区分は3つの有効な手法の間になければならない。これはシステムで把握していなければならない。


最終更新日時: 2019年 05月 9日(木曜日) 18:54