イントロダクション

Range

J1939診断インターフェースは、標準的な診断コネクタならびに異なる診断サービスを扱うためのPGNを定義している。 診断メッセージ(DM)として指定されたPGNは、主にUDS診断(統合診断サービス)の機能範囲を満たす。 それはまた、オンボード診断のための「California Code of Regulation」(ODBⅡ)やHD OBD(Heavy Duty OBD)、WWH(World Wide Harmonized)OBD(ISO27145)にEU指示として準拠している。

Internal Evaluation

対照的に、UDS診断は、サービスを積極的にソフトウェアツールを介して開始されなければならず、J1939ECUは、標準動作時に独立して診断メッセージを送信する。 発生したエラーは、ネットワークに直接評価し、必要に応じて視覚的に表示される。それと並行してエラーが診断コネクタを介してツールを使用し読みだすことが可能である。均一なエラーコード-いわゆる診断トラブルコード(DTC)は、障害のあるSPN、エラーパターン、及びエラーの発生頻度を含む。

最終更新日時: 2019年 05月 9日(木曜日) 18:49