ダイナミックネットワークでの処理

AAC Bit

前章のソリューションおよび構成で説明したように、“Self-configurable”において、一度だけネットワークで発生していない潜在的ダイナミックECUには注意、またはサポートの必要がある。この構成では、ECUはNameにおいてMSBで “Arbitrary Address Capable”を固定することにより認識することができる。 理由: このビットは単独でのみ新しいアドレスを検索することができるECUに設定されるため。ECUにネットワークで(一度だけ)排他が発生した場合、固定されたデバイスアドレスを用いることができる。 “Arbitrary Address Capable”のビットは、その後設定する必要はない。 これは、Self-ConfigurableのECUでは、このビットが設定されていないすべてのECUよりも引く優先順位でNameを持っているということである。

Request

J1939ネットワーク管理において、重要なメカニズムはPGN「Request」を使用することである。 このPGNは、任意のECUからのPGNを要求するために順番に使用することが可能である。また、これは「Address Claimed」PGNに適用することができる。 ECUは「Address Claimed」PGNによる「Request for Address Claimed」に応答する義務がある。

重要: 要求ECUは、有効なアドレスを持っている場合、独自の要求に答える必要がある。

NULL Address

要求メカニズムは、頻繁にダイナミックネットワークに適用され、通信開始時に使用される。 そのため、通信に参加することでECUはAddress Claimの前にアドレス状況を要求することが可能である。 注意: ‘Request for Address Claimed’ PGNは、J1939の主な例外を表す。つまり、それはNullアドレス(254)のように有効なアドレスなしで送信できる唯一のParameter Groupである。


最終更新日時: 2019年 05月 9日(木曜日) 17:37