動機

自動車の新しい機能の採用はE/E車両アーキテクチャを複雑にしていきます。それと同時に開発要件に矛盾が発生します。例えば、重要な運転操作におけるドライバーアシスタンスシステムのサポートは、同時に燃費を改善し、その結果、環境基準に適合します。これからの課題は今後の車両環境やオンラインサービスなどと共に継続するより深い統合と通信から生じてきます。

今後、これらの必要要件を満たし続けるために、ECUソフトウェアアーキテクチャには新しい技術アプローチが必要とされます。それが無ければ、顧客や政府からの増大し続ける要件を満たすことは不可能と言えます。

2003年に自動車OEMとサプライヤーは、この新しいアプローチを行えるようにAUTOSARイニシアチブに参加しました。イニシアチブの目標は類似または同一のソフトウェアコンポーネントの継続的な繰り返し開発を止める事です。さらに革新的な新機能の競争力のある開発の余地を残しつつ、基本機能上での協業の基盤を作る事を目指しています。

イニシアチブによって定義されたAUTOSAR規格は、将来の車両アプリケーションの基礎を形成し、各領域の境界を無くすのに役立ちます。ECUネットワークにソフトウェアを柔軟に配信する能力は、システム全体の最適化に更なる可能性を与えます。

AUTOSAR Initiative

AUTOSAR Initiative Website

最終更新日時: 2018年 12月 4日(火曜日) 14:08