ツール

様々なツールがAUTOSAR ECUソフトウェアを作成するのに使用されます。これらのツールは以下のタイプに分類することが出来ます:

  • システム設計用ツール
    これらのツールはSWCの設計と配布だけでなく、ネットワークアーキテクチャおよび通信を定義するために使用されています。
  • ベーシックソフトウェアとRTE構成用ツール
    これらのツールはECUのBSWモジュールの構成記述 (ECU Configuration Description) を作成するために使用されています。
  • BSWモジュール用コードジェネレーター
    ECU Configuration Description に基づいてコードジェネレーターはECU用に特別に構成されたBSWモジュールを生成します。

これらのタスクは通常、異なるツールで処理されます。したがって、AUTOSARの重要な箇所は、異なるツール間の設計および構成データの交換用として供給される標準XMLフォーマットです。

通常、様々なメーカーのツールが同じ開発プロジェクト内で使用されるので、この標準化は不可欠となります。例えば半導体メーカーがMCALとコードジェネレーターが用意される前に、マイクロコントローラから独立したBSWがソフトウェア会社から納入されるかもしれません。

潜在的に異なるツールであっても様々なBSWモジュールで使用されるかもしれません。実用的な観点からは、均一なツールでBSWの構成を実行する事をお勧めします。


最終更新日時: 2019年 03月 6日(水曜日) 09:20