ベーシックソフトウェアのOEM依存

AUTOSARベーシックソフトウェアの特性の1つは高レベルのモジュール化です。このモジュール化は水平に異なるタスク領域 (クラスター) と垂直に異なる抽象化レベル (レイヤー) で実行されます。AUTOSARは、ベーシックソフトウェア(実装適合性クラス、ICC)の異なるコンピューター粒度を可能にします。これは全ベーシックソフトウェアをカバーしている機能で1つのモジュールからなる画一的なベーシックソフトウェアで結合 (クラスタリング) BSWモジュールを許可します。

AUTOSARベーシックソフトウェアは必ずしもOEM固有では無く、一般的に様々なOEMのBSWスタックは異なります。

例えば、スタックはAUTOSAR規格の一部では無く特定のBSWモジュール数とタスク領域で異なる場合があります。また、スタックに追加されているソフトウェアコンポーネントとしてAUTOSARベーシックソフトウェアへ機能拡張が同様に可能です。

ベーシックソフトウェアの構造では下記領域で、この様なバリエーションが発生します:

  • DIAG: Diagnostic Event Manager, Diagnostic Communication Manager
  • SYS: Communication Channel Handling
  • COM: Network Management
  • COM: Gateway functionality
  • 暗号モジュール、独自のトランスポートプロトコル、etc.

異なるOEMではベーシックソフトウェアの構成面に関してワークプロセスの違いがあります:

  • OEM要件が供給される方法 (.dbcファイル、ECU Extract of System Descriptionまたは独立したSWC記述)
  • 診断レイアウトおよびパラメーター設定 (ODX、CANdelaファイル、etc)
  • 通信スタックの事後ビルド構成機能、サプライヤーへのライブラリ供給などの一般的要件

Vectorが実装したAUTOSAR規格-MICROSAR-は右のソフトウェアアーキテクチャ図で示されています。


最終更新日時: 2019年 03月 6日(水曜日) 09:14