RTEとその最適構成

Software Componentの記述に含まれている通信と呼び出しメカニズムを実装するには効率的なRuntime Environment (RTE) が必要です。

SWCの正式な記述はソフトウェア設計だけでなく、派生、生成と実行環境の最適化の自動分析を可能にします。

ソフトウェア設計の形式化された記述に含まれる情報はRunnable Entityが呼ばれるコンテクストと同じSWC、または別のSWCの他の部分との相互作用を含んでいます。

ベーシックソフトウェアのコンフィギュレーションの様な他の制約を考慮する事によって、関数呼び出しを最適に実装する方法について決定出来ます。

基本的に、以下に関して決定されなければなりません:

  • 必要に応じて、並列に実行されている他のRunnable Entityからのアクセスに対しての遮断メカニズムの選択
  • 呼び出しメソッドが使用されます。
    呼び出しは直接 (マクロまたはCの関数呼び出しとして) またはOSと一緒にRTEイベント経由でトリガー出来ます。
  • 書き込みまたは読み込みアクセスのタイプ
    これはベーシックソフトウェアのAPI呼び出しまたは変数へのいずれかへのアクセスの場合があります。異なるアクセスタイプのセマンティックスはそれらを実装するために使用されるメカニズムと同様に考慮する必要があります。

特定の構成に依存し、これらの決定はパフォーマンスに強い影響を及ぼすことが出来ます。

一般的にRuntime Environment用のジェネレーターはOSイベントとアラームの使用を控えなければなりません。システムの適切な構成によってリソース使用率と実行時間が大幅に節約出来ます。これを達成するためにはソフトウェアコンポーネントの設計段階で特定の設計上の影響を理解する事が必要です。

最終更新日時: 2019年 03月 6日(水曜日) 09:12