コンソーシアム

LINコンソーシアム

BMW、Daimler-Benz(現在ではDaimler)、モトローラ(現在ではFreescale)、VCT(現在ではMentor Graphics)の主導で新しいバスシステムを開発するために1998年の年末にワーキンググループが始まりました。その後、イニシエーターに加え、Audi、Volvo、VWがLINコンソーシアムの創立メンバーとなり、現在Steering Committeeを形成しています。

新しくて費用対効果の高い

シンプルでコスト対効果の高い物理層、無駄のない通信プロトコル、ノードとネットワークのソフトウェアの自動化された開発手法(ワークフロー)、コンソーシアムは新しい自動車用バスシステムの要件を定義しました。

ユースケース

LINは、サブバスとして定着し、ほぼ全ての車両に含まれるようになっています。特に空調制御、シート、ドア、ミラー制御モジュールなどの快適装備アプリケーションで使用されます。全てのセンサーとアクチュエーターは、従来の配線とは対照的に(図“従来のネットワーク”を参照)、バスインターフェースを備え、バス経由で中央ECUに接続されています(図“LINのネットワーク”を参照)。

LINコンソーシアムのWebサイト:



最終更新日時: 2019年 03月 6日(水曜日) 09:27