Sporadic Frame

機能性

マスターは、滅多に使用されない情報、すなわち散発的な情報を送信するためにSporadic Frameを使用します。このフレームは他のUnconditional Frameとslotを共有するUnconditional Frameに相当します。必要に応じてマスターはSporadic Frameを送信します。これらを送信する必要が無い場合、関連するSlotは使用されず空になります。Sporadic Frameは基本的にマスター用のEvent Triggered Frameです。

衝突のリスク

関連するUnconditional Frameの少なくとも1つのシグナルが変化した時に送信が発生します。複数のスレーブが送信する必要がある時、マスターがスケジュールの送信要求をシーケンシャル動作で処理するので、衝突は発生しません。シーケンスはLDFで定義されています。これは割り当てられたUnconditional Frameの優先順位に従います。


最終更新日時: 2019年 03月 4日(月曜日) 17:59