仕様 

LIN 1.1

最初の仕様は1999年に完成しました。翌年に、コンソーシアムはデトロイトでのSAE Congress でバージョン1.1を紹介しました。 これは次のパーツで構成されています:
LIN Protocol Specification, LIN Configuration Language Specification, LIN Application Interface Specification

LIN 1.2 / LIN 1.3

仕様は2000年に改訂され、それが2000年11月にリリースされました(LIN 1.2)。その後、数年かけて物理層が改訂され、LIN 1.3が2002年11月にリリースされました。

LIN 2.0

続いてバージョン2.0が2003年9月にリリースされました。改訂の重要な目標は、自動車業界の動向に対処するためで、主な目標は大量生産を達成するためのoff-the-shelfノードコンセプトを利用する事でした。ソフトウェアの自動設計と生成によりコスト対効果が高く、速く、簡単、安全にネットワークを開発する事を目標として実装されました。

既製品

例えばOff-the-shelfノードは、電気モーターを駆動するシンプルで標準的なタスクを実行するバスノードなどがあります。それらは“off-the-shelf”で、大量に購入する事が出来、少しの労力で実装する事が出来ます。典型的なアプリケーションは、シート、ウィンドウ、ミラー、サンルーフ、リアハッチ用コントローラーになります。仕様にはoff-the-shelfノードを記述するための設定方法と構文が追加されました。

LIN 2.1 / LIN 2.2

LIN仕様2.1は2006年11月から存在し、現在では8種類の仕様から構成されている。LIN仕様2.2は2010年12月にリリースされ、これは複数のマイナーエラーを訂正しビットサンプリング用の若干弱いルールが含まれています。

LINコンソーシアムのWebサイト:



最終更新日時: 2019年 02月 21日(木曜日) 18:41