Unconditional Frame

標準フレーム

Unconditional Frameは一般的なデータを送信するために使用されます。この種類のメッセージは任意の追加条件無しで使用される標準フレームに対応しています。その他の種類は特殊な場合に使用されます。

ユニークなレスポンス

Unconditional Frameはヘッダーとレスポンスで構成されています。マスターはバスにヘッダーを送信する事でリクエストを行います。その後、対応するスレーブはレスポンスで応答します。スレーブ・タスクはレスポンスを送信する必要があるかどうか識別子(ID)に基づいて認識します。マスターのスレーブ・タスクも識別子によって指定され、レスポンスを送信する事が出来ます。どのノードが関連レスポンスを送信するかはLDFに記載されています。

衝突無し

Unconditional Frameはヘッダーとレスポンス間のユニークな関係で構成されているので、動作中には衝突が発生しません。slotは1台のノードだけで使用されます。したがってUnconditional Frameはメッセージがバスに現れる時間が予測可能で、周期的データ伝送に理想的です。



最終更新日時: 2019年 03月 6日(水曜日) 09:51