FlexRayコンソーシアム

FlexRayが成功した大きな理由は、2つの自動車メーカー、ダイムラーとBMWが2つのチップメーカーのモトローラとフィリップスと一緒に2000年にFlexRayコンソーシアムを構成した事である。

元々BMWによって開発されたByteflightバスシステムに基づき、FlexRayコンソーシアムはコンソーシアムの各メンバーがライセンス料を払わなくても使用でき、OEMに依存しない、決定論的でフォールトトレラントなFlexRay通信規格を作成した。

FlexRayアプリケーションの主な用途はセーフティークリティカルでタイムクリティカルな車載アプリケーションになる。10Mbit/sの高いデータ速度によるデータバックボーンとして自動車内でFlexRayを確立するプランも同様にある。

FlexRayコンソーシアムは、2010年に仕様書バージョン3.0.1を公開しました。現在はISO 17458として利用可能です。FlexRayプロトコル、物理層、およびこれら両方をチェックするための適合性テストについて説明しています。完全な規格はISOから入手可能です。

ISO

ISO Website - International Organization for Standardization

最終更新日時: 2019年 05月 7日(火曜日) 10:58