CAN採用への動機

集中的な電子化

近年、自動車における集中的な電子化が特徴となっている。これは主に顧客からの現代の自動車に対する要望が継続的に多くなっている事が元になり、さらに排気ガスに対する規制がますます厳しくなり法制化された。もう1つの要因はグローバリゼーションで、競争とコスト削減要求が増大し、その結果、革新的な要求が継続している。

データ送信

最初は独立動作のECUで電子機能を実装すれば十分であった。しかし、電子制御装置(ECU)の協調が車両の機能性を非常に高める事が早期に認識され、電子制御装置間のデータ交換が従来の方式で実装された。つまり、物理的な通信チャンネル(配線)に送信する全信号をそれぞれ割り当てた。

シリアル通信

しかし、集中的な配線の結果、限定されたデータ交換しか出来なくなってしまった。このジレンマから抜け出す唯一の方法は1つの通信チャンネル(バス)経由のシリアルビットデータ交換になり、これが自動車の要求に合わせシリアル通信システムを概念化する必要性につながった。

CANによる安全なデータ転送

1980年代初めにボッシュ社は自動車用のシリアル通信システムの開発を開始した。それがCAN(Controller Area Network)と名付けられた。今日では、CANは自動車のパワートレイン、シャシー、快適分野のネットワークECUで便利なサービスを実行している。何よりもCANはこれら使用領域におけるリアルタイム要件を満たす非常に信頼性の高いデータ伝送が特徴となる。

単純化

CANの導入以降、自動車での複雑なワイヤーハーネス-多くの場合、多くのバリエーション-は過去のものとなっている。CANはプロジェクトの計画と配線の設置を簡単にするための手段だけで無く、同様に配線重量とスペース要求を低減する。


最終更新日時: 2019年 02月 20日(Wednesday) 16:42