終端 

特性インピーダンス

増大するデータ速度で限られた信号伝搬により反射形状の過渡現象がCANバス上で予想される。 これによりHigh-Speed CANネットワークのバス終端を物理伝送媒体の特性インピーダンスで終端しなければならない。 通信チャンネルの特性インピーダンスは120Ωとなる。


終端抵抗

通信チャンネルの両端にバス終端抵抗を提供する代わりにCANバスの終端を分割バス終端で終端する事がある。

分割バス終端は2つの同一抵抗(60Ω)と1つのキャパシター(通常 4.7nF)から構成され、ローパスフィルタの様に動作し、高周波信号が直流電圧関係に影響を与えずグラウンドに短絡される。測定すると、これがノイズ耐性を改善し排出量を低減出来ることを示している。


最終更新日時: 2019年 02月 20日(Wednesday) 18:10