データ保護の原理

自動車でのデータの完全性

信頼性の高いデータ伝送は自動車の電子システムの安全性と信頼性の必要条件となる。したがって、CANは厳しいリアルタイム要求を満たす必要があるだけで無く、常に信頼出来るデータ伝送を提供する必要がある。また、CANは自動車内の非常に時間と安全を重視するアプリケーションで使用されるため、データ整合性の要求はとても高い。

電磁両立性(EMC)

データ整合性を評価する基礎重要性は、データ伝送に干渉効果がある環境と干渉から守るシリアルバスシステムの能力がある。したがって、信頼性の高いデータ伝送の保証は、従来の電磁適合性(EMC)が重要な役割を果たす物理システムレイアウトで既に始まっている。

潜在的なエラーの原因

電磁適合性のある設計と物理的データ保護にも関わらず、信号を減衰し歪める事が出来る電気伝導、誘導性と容量性カップリングが発生する可能性がある。様々なサンプリングポイントを考慮すると、スイッチングスレッシュホールドと通信パートナー間の周波数偏差の違いで、誤りが無いデータ伝送を想定することは不可能となる。

残留エラー率の最小化

データ整合性は、データが送信中に妨害と破損、妨害されたデータが検出されないままである確率を確率の積として表示する事が出来る。これは残留誤差またはデータ整合性を高める確率を最小限に抑えるため、2つの基本戦略をもたらす。

データの破損は電磁適合性方式でネットワークを設置するか、物理的なアクションをとる事で回避する事が出来る。 一方、破損データは効果的な論理的エラー検出および効果的な論理的エラー処理によって検出され修正できる。図”データ保護の原理”は、この概要を提供している。


最終更新日時: 2019年 05月 24日(Friday) 13:42