ツイストペア

対称シグナル送信

例えばモーター、イグニッションユニット、スイッチの接点などから誘導される干渉電圧は、対称信号伝送によって効果的に無害化出来る。 対称信号伝送では外部ノイズは両方のラインに均等に作用する。

差の形成

差動構造はノイズ信号を除去するために使用出来、信号は影響を受けない。 対称信号伝送の2本線から構成される物理伝送媒体(CANバス): CAN-High線(CAN-H)CAN-Low線(CAN-L)

磁場

対称信号伝送で、電流伝導線は常に磁場に囲まれているので平行線のルーティングは避けるべきである。この結果が磁場に対する優れた補償となる。2本線のツイストは電界強度を大幅に低減するので、ツイスト伝導ペア(ツイストペア)は通常の物理的伝送媒体として使用されている。

多い巻き数 =
誘導効果が少ない

電線をねじる事によって導電性ループは各導体で入れ替わる。 理想的に磁界は誘導電圧や誘導効果が相互消去になるよう各サブセグメントで反対方向を示す。 巻きつけ数でねじる効果が増加する。 1m当たり少なくとも30回巻きつけると良い効果が得られる。


最終更新日時: 2019年 02月 20日(Wednesday) 17:59