NRZコーディング

ビットコーディング

障害回避の取り組みはノイズ排出とその影響、耐性に取り組むことを意味する。 ビットコーディングが放射排出に非常に重要なものになる。 すぐれた設計をされたビットコーディングは大幅に排出を削減するのに役立つ。 それにも関わらず、この要求は多くの場合において必要な伝送能力と整合しなければならない。

NRZビットコーディング

CANではNRZビットコーディング(NRZ: Non Return to Zero)が選ばれた。これは送信するバイナリー信号を直接マップする事を意味する:論理”1”がハイレベル、論理”0”がローレベル。NRZコーディングの特徴は同じ極性のビットが連続するとレベルの変化を示さない事になる。

同期を失う

これはNRZコーディングが排出を制限内で維持しながら非常に高いデータレートを可能にする事を意味する。しかし、NRZコーディングはセルフクロッキングでは無い、つまりいかなる同期属性を持っていない。 長期間にわたりレベル変化が発生しない場合、受信機は同期を失う。これによってNRZコーディングを使用する場合、明示的に伝送効率を低下させる同期メカニズムが必要となる。

同期用のビットスタッフィング

CANにおいてはビットスタッフィング方式として知られる同期メカニズムが使用されている: 5ビットの同レベルビット後、送信機がビットストリームにスタッフビットを挿入する(例えばマンチェスターコーディングはセルフクロッキングのため、このようなメカニズムは無い)。


最終更新日時: 2019年 02月 20日(Wednesday) 17:54