CAN FDフレームの詳細

RTRはRRSで置き換えられた

CAN FDにはリモートフレームが存在しないのでRTRビットは不要で、常時ドミナントのビットr1に置換されている。 Start of Frame (SOF)、 IdentifierとIdentifier Extension Bit (IDE) は変化しない。 同様にCAN FDフレーム後半のAcknowledge Bit (ACK)、そのDelimiter (DEL)、End of Frame (EOF) だけでなくIntermission Field (ITM) も従来のCANフレームと同様になる。

従来のCANと比較したCAN FDの変更はIDE BitとAcknowledge bit間で実施されている。


最終更新日時: 2019年 02月 22日(Friday) 11:56