CANバス

差動シグナル

CANネットワークの物理信号伝送は差動電圧伝送(差動信号伝送)に基づいている。 これはエンジン、イグニッションシステム、スイッチの接点が引き起こす妨害電圧の悪影響を効果的に排除する。 その結果、伝送媒体(CANバス)は2本線で構成される:CAN High線(CAN-H)CAN Low線(CAN-L)

ツイストペア

2本線をツイストさせる事で磁界を大幅に低減している。その結果、実際にツイストペア導線は物理伝送媒体として一般的に使用されている。

バス終端

信号の伝搬速度が限られるため、データ速度とバス拡張の増加により過渡現象(反射)の影響が大きくなる。終端抵抗を使用し通信チャンネルの両端を終端する事により(伝送媒体の電気的特性のシミュレーション)、High-Speed CANネットワークでの反射を防ぐことが出来る。

バス終端抵抗の主な特性はいわゆる電線の特有インピーダンスになる。 これは 120 Ωになる。 ISO 11898-2と対照的に、ISO 11898-3(Low-Speed CAN)は最大 125 kbit/s の低データ速度によってバス終端抵抗を規定していない。


最終更新日時: 2019年 02月 20日(Wednesday) 16:59