ビットスタッフィング

同期

正確なデータ伝送のための基本的前提条件は通信パートナーの同期化である。 CANメッセージのスタートビットのドミナントからレセシブへの信号エッジは同期を生成(Start Of Frame - SOF)するのに役立つ。その後の再同期メカニズムは最後までメッセージ送信の同期を維持させるために使用される。

再同期

再同期メカニズムはレセシブからドミナントへの信号エッジの評価に基づいている。 この様な信号のエッジはいわゆるビットスタッフィングメカニズムによって保証される。ISO 11898-1は送信機が5ビット長の同レベルビットを送信後にスタッフビット(反対レベルの補足ビット)を送信しなければならない事を規定し、5ビット長の同レベルビットにスタッフビットが続く場合でもスタッフビットが追加される。

ビットスタッフィングエリア

ビットスタッフィングはSOFの送信から開始し、CRCシーケンスの最後のビットシーケンスの送信で終了する。最悪な場合、理論上のスタッフビット数はデータフィールドに8バイトデータを含む標準フォーマットのデータフレーム送信の場合で24ビットとなる。 したがって、標準フォーマットの理論上の最長データフレームは132ビットで構成される。

インタラクティブな図”ビットスタッフィング”を使用しビットスタッフィングメカニズムを学習出来る。


最終更新日時: 2019年 02月 20日(Wednesday) 17:29