CANネットワーク

構造

CANネットワークは物理伝送媒体(CAN Bus)経由でリンクされている複数のCANノードで構成されている。実際のCANネットワークはCANインターフェース経由で相互接続される複数の電子制御装置がライントポロジーに基づくリニアバスで構成され、パッシブスター トポロジーが代替手段として使用出来る。

物理層

シールド無しツイスト2ワイヤー配線(Unshielded Twisted Pair – UTPシールド無しツイストペア)はアプリケーションで最も頻繁に使用される物理伝送媒体で、対称的信号送信が発生する。通常、UTPは0.34mm2と0.6mm2のワイヤー断面をもっている。ライン抵抗は60mΩ未満でなければならない。

境界条件

最大データレートは 1 Mbit/sとなり約40mの最大ネットワーク拡張が許可される。CANネットワークの両端のバス終端抵抗は過渡現象(反射)の防止に貢献する。ISO 11898はCANノードの最大数を32と指定している。


最終更新日時: 2019年 02月 20日(Wednesday) 16:48